様々な機関投資家から、貴社に興味をもつ投資家をマッチングします。

VC(ベンチャーキャピタル)とは

VC(ベンチャーキャピタル)とは、ベンチャー企業やスタートアップ企業など、高い成長が予想される未上場企業に対して出資を行う投資会社のことを指します。未上場時に投資を行い、投資先の企業がEXIT(上場、バイアウト等)する際に株式を売却して、利益を得ることを目的としています。

VCには主に以下のような種類があり、会社により投資対象に特徴があります。

独立系VC:特定の親会社がおらず、独自の資本にて運営しているベンチャーキャピタルのことを意味します。各VCごとに特徴があり、近年、日本でも投資成果が目立ってきているVCです。

金融系VC:証券会社や銀行が母体となっているベンチャーキャピタルです。大手金融機関がバックにいることで、投資数や投資金額が大きくなる傾向にありますが、審査も厳しくなります。

政府系VC:政府系VCとは公的資金をもとに投資しているVCです。技術力や産業維持などを重視投資する点が特徴です。

大学系VC:大学系VCとは大学発のスタートアップ企業を支援するVCです。政府系VCと同じく、技術力や産業維持などを重視投資します。

企業系VC:CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)といわれ、投資を主な事業としていない事業会社が自己資金でファンドを組成します。自社の事業内容と関連性のある企業に投資し、本業とのシナジー(相乗効果)を得ることを目的として運営されております。